スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3D映像で子育てはしたくないですね。

3D映画がどんどん増えて、3Dテレビも続々と出てくる今日この頃。

目が悪くなるとか、三半規管が狂うとか
そういうことも当然悪影響として考えられるのですが、

一番、良くないことは、
現実に重きが置かれなくなること 
ではないでしょうか??


仮に、技術がどんどん進歩して

立体の森を再現できるようになって、そこに人工の風で森の香りを流したとしても
それは、森ではないわけで

それを森だと思ってしまう子供たちが増えていったとしたら・・・

未来の子供たちは、木々や草花や虫たちと心を通わせることができなくなってしまう。。




仮に、丹精込めて育てたバラが入手できないからといって、

精巧につくられた造花のバラにバラの香料をふりかけて、
本物そっくりのバラを作ったとしても

その偽物のバラの中には、
細胞分裂が生み出した数学と哲学による秩序(神の技)はないわけで

人は、バラという花そのものを理解することはできないのです。



頭で理解することだけではなく、
五感で感じることって、重要だと思うんですけど・・・・




もし、子供たちの学習の場で、仮想現実が多用されるようになったら・・・

本物であることや、生きていること(命あること)に対して
それほどの重要性が求められなくなったとしたら・・・・



人としての秩序は、保てなくなるのではないかと・・・心配になります。

自然との調和や、他の生物との共存なんて、
意識することのない大人たちで、あふれてしまうのではないかと
将来が不安になります。


立体ではないものを立体に見せることで、いったい誰が得をするのだろう???


メディアに関わって、メディアに働く資本の論理に心を痛め
作り手と受け手のギャップに悩み。。。

そんな私が言えることは

メディアが伝える映像は、誰かの意図でしかなく、
真実ではない虚像だということ。



小説やドラマは、
作り物の世界だという認識のもとに楽しむ人が多いと思いますが

ドキュメンタリー番組が作り物だという認識を持っている人は、
いったいどのくらいいるのでしょうか?
(テレビ番組は、プロデューサーの意図によって、つくられるものです)



私は、イラク戦争の時にテレビの恐ろしさをイヤというほど感じました。

あの戦争、
日本の各テレビ局の報道内容と、
フランスのF2の報道内容と、
イギリスのBBCの報道内容と
アメリカのCBS、CNN、ABCの報道内容と

お国柄が違えば、言っている内容が、戦争そのものが、まったく違ったんです。


どれが本当かなんて、現地に行って当事者になってみなければわからない!
これが、真実です。


テレビで報道されるニュース映像は、
誰かの意図や意思が入って作られた「作り物」であって
もはや真実ではない。
ニュースでさえ、リアルではないのです。

私たち大人でさえ、テレビの普及によってリアルとバーチャルの境目はあいまいな昨今です。

幼少期から3D映像で虚像を見せられて育つ子供たちは、
「真実」というものを、いったいどうやって認識するようになるのでしょうか???


この情報化社会で、子育てをするにあたり

親に求められる能力は、
「本当のこと」と「作り物」の違いをハッキリ教えていくことなのかな・・


そう思った、朝でした。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

本当に危険なことは???

赤ちゃん用の安全グッズがどんどん増えています。
公園の遊具には、対象年齢が表記されるようになりました。

これって、どうなんでしょう???

対象年齢3歳以上のブランコに、1歳児が乗ってはいけない???
そんなの変でしょ???

うちの長女(短大生)なんて、
生後6か月の時から、1人でブランコに乗ってましたよ。。。
(生後6か月で伝い歩きしてましたし、滑り台も1人で登って滑ってましたから・・・)



本当に危険なこととは
子どもたちを身の回りの危険から遠ざけて
「危険を認識できない子」に育ててしまうこと

なのではないでしょうか???



数年前の新聞記事で読みましたが

都内のオール電化のマンションで育った子どもたちは
日常的に火を扱ったことがなかったため
小学校5年生の理科の実験で使用したガスバーナーでノートを燃やしてしまった
そうです。

その場にいた子供たちの誰もが、
火の消し方を知らなかった
ので、燃え尽きるまで見つめていた
と・・・

だるまストーブの上で、ヤカンがチンチンと音を立てる冬を過ごしていた時代の子どもたちなら
こんなことにはならなかっただろうと思ったニュースでした。



平成12年からチャイルドシートが義務付けになっていますが
ウチには、チャイルドシート義務付け前の娘と、義務付け後の娘がいます。

チャイルドシート義務付け前の子どもたちは、
自分でバランスを取りながら車内を自由に移動することができました


車酔いしないように、好きなときに窓を開け
信号待ちでは、後ろの車の運転手に手を振り・・・(時にはジャンケンも・・・)
眠くなれば、後部座席に横たわって毛布をかぶり
多少の急ブレーキ急発進ならば、眠りながらでも上手にバランスをとって寝ていたものです。


先日、次女のお友達(4歳児)を車に乗せたのですが、
いつも必ずチャイルドシートかシートベルトを着用しているその子は、
通常走行中の車内で座席から少しも動くことができません
でした。
ちょっとでも動こうとすると(クッションを取ろうとした)
よろけてしまう
のです。

衝撃的でした。


それに比べ
私の弟の子どもたち5人兄弟は、
チャイルドシート義務付けの適用外ですから
(子供が多くて全員分のチャイルドシートを装着することが不可能)

みんな1歳半にもなれば、
走行中の車内でもバランスを取りながら自由に動くことができます。

車内で兄弟ケンカだってするし、食事だってできます。
寝ている子を踏まないように気をつけながら、座席を替わることもできるのです。



私が子どものときは???と振り返ってみると

運転が下手だった母の運転する車に乗るときには、いつも助手席に立っていました。
ダッシュボードに両手をついて、
サイドミラーとにらめっこしながら、
前方と後方、側面の窓の外、車内と、視線をあちこちに移動させながら、
自分の身を守っていました。

おかげで、今でも動物並みに広い視野と、動物並みの動体視力を維持できています。


本当の安全とは、
危険から遠ざけることではなく、
危機回避能力を身につけさせること
なのではないでしょうか???


(転ばぬ先の杖を用意することではなくて、
たくさん転ぶ練習をさせること)




ベビーゲートも然りです。

毎日キッチンから遠ざけられて育った子は、
本当に危ないこととそうでないことの区別さえつかなくなる
でしょう。

「今日は揚げ物をするから、キッチンには入ってこないで!」と言われるのと
(危険度が段階的に設定されている)

「キッチンは危ないから、入ってこないで!」と言われるのでは
(危険か否か2択しかない)

子どもの意識は、ずいぶん違うのではないでしょうか???



最近の育児事情は、
安全ということばの意味をはき違えている気がしてなりません。。。



ついでに・・・
チャイルドシート義務付で気になることは・・・
誰を儲けさせるための法律なんだろう???という疑問

本気で(真面目に)義務付けにするのなら
この法を法として成り立たせるためには
「子供を乗車させる設備を標準装備していない車を売ってはいけない!」
なんじゃないの???
と思うのです。

Yahoo!知恵袋などで、
チャイルドシートがないから、子連れを友人は駅まで車で送ることはできない!
とか・・・愛のない意見があったりしますが

チャイルドシートが『金持ちの子供だけが所有するもの』だった時代から子育てをしている私には
バカバカしいお話です。
チャイルドシートは、ひじょうに高価なものです。
それを買わなければいけない!(強制!?)って、どういうことなんでしょう???

本当に必要なものならば、無償配布されるべきでしょ???

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

アリとギリギリスなら、キリギリスを選びたい

ここ1年くらいあまり交流がない友人からは、たまーに無言電話があります。
いつも赤ちゃんのイタズラ電話なんですが、
この男の子の無言電話からは、携帯にかかってきても、家電話にかかってきても、
「念」を受け取ってしまいます。

彼は、赤ちゃんなのにとても献身的な人で
「Help Me!(僕を助けて)」ではなく、「Help Them!(僕以外のみんなを助けて)」という念を送ってきます。

想いの強い無言電話を受け取るたびに、「彼の家族は、大丈夫かしら???」と思うのだけれど
いつも「子供がイタズラして電話をかけちゃって・・・」というママさんに対して
突っ込んで話を聞くこともできず、

「便りがないのは、良い便り」 なんとか乗り切れている証拠!!なんて、自分を納得させてきたのですが

昨日のイタズラ電話も、やっぱり「念」が強かったので
ちょっとだけ聞いてみようと思ってメールを書いたら
4歳の女の子が、先週から今週まで原因不明の病気で入院していたという返事が返ってきました。

症状を自分の目で確認していないので、なんとも言えないのですが
様子を伺うかぎりは、私と同じ病気かな???という感じです。

心は耐えられるけれど、体は耐えられない
(心はとっても強いからたくさんのことを受け入れてしまうのだけれど、体はそれを処理できない) 
という感じなんだろうな・・・感じています。




子供たちに必要なことは
「楽しい」と感じることと それを「嬉しい」と思うこと
 です。


「楽しい」=「罪悪感」 にしてしまう子育ては、やめましょうよ。。。。



私は、最近よく想うことに
「私は、アリとキリギリスのお話中の、キリギリスにしかなれないし、キリギリスにしかなりたくない!!」というビジョンがあります。

やがてくる冬のために、春の喜びと、夏の喜びと、秋の喜びを捨てて生きるなんて
もったいないと思うんです。

春は春であること楽しみ、生命のエネルギーを感じ、大地の恵みに感謝しながら、春の自分にできることをして

夏は夏であることを楽しみ、太陽の恵みに感謝しながら、夏の自分にできることをして

秋は秋であることを楽しみ、太陽と大地がくれた実りに感謝しながら、秋の自分にできることをして

冬は冬であることを楽しみ、蓄えはないかもしれないけれど、みんなの心をあたためることで少しのおこぼれをもらいながら、冬の自分にできることをすればいい


そんな風に生きて行きたいから

将来何になるのかもわからないうちから、将来の選択肢を増やすため(???)
なんていうわけのわからない理屈で、
心を育てる前に学力を育てようとする子育ては、やめて欲しいなぁ・・・と思うのです。

テストの点数を取るための学力を身につけても、人間力(生きる力)は身につかないし
社会力(社会で生きる力)も身につかない。

「喜ぶこと」と「放蕩」とは、まったく違うものなのに
どうも、最近の私の周辺には、そういう勘違いをしてしまう人が多いような気がします。

アレルギーとママの心

喘息やアトピーのお子さんをお持ちのお母さん、
わが子のアレルギーは、ママのイライラが募ると悪化する!と思ったことはありませんか?


いつも悩み事ばかりだったり
いつもイライラしていたり
いつも悲しんでいたりするお母さんの子どもは
アレルギー体質になりやすいです。

ママのストレスを一身に背負ってしまうからです。


とくに、言葉が話せない時期の赤ちゃんは、「気」を読みます。
気持ちを察することがとても上手ですし、周囲に流れる気に同調してしまうことも多いです。


最近のお母さんは、『ギャン泣き』なんて言葉をよく使うようですが
赤ちゃんは、ママの代わりに泣いていることが多いものです。

月齢の小さい赤ちゃんほど、
「泣きたい」というママの気配を感じ取るのが上手なのです。


気配(けはい)は、
気配り(きくばり)と書きます。

その場に配る気を、温かくやさしいものにしてみると
赤ちゃんは、やさしい気を受け取って、とても穏やかに育ちます。
心が穏やかに育つと、体は健やかに育ちます。

夜泣きや疳の虫の強い赤ちゃんのお母さんは、
まず、言葉遣いを変えてみてください。

赤ちゃんに対して、ダンナさまに対して、周囲の人に対して
日常的に使う言葉を、音のきれいなもの(敬語)に変えてみるだけで
赤ちゃんは、とても落ち着いてくるのです。

アレルギーと畳

不動産会社を営む友人の話では

イマドキの人たちは、畳の部屋を嫌う =ダニがいるという意識が強い
イマドキの人たちは、じゅうたんを嫌う =ダニがいるという意識が強い
イマドキの人たちは、フローリングを好む =ダニが住めないので清潔という意識が強い

ということです。


実際は、どうなんでしょう??


全室フローリングのバリアフリーの建売住宅を買った私たち家族ですが
冬場は、舞い上がるホコリに悩まされます。

帰宅した長女が、コートを着たままでリビングに入ってくると・・・
ファンヒーターの風で、コートの繊維&外から持ち帰ったホコリがあおられて
部屋中に舞ってしまいます。

毎日掃除機をかけたところで
掃除機をかけた2時間後には、フローリングに積もるホコリ、ホコリ、ホコリ...

こんな状況のフローリングに
ハイハイ時期に赤ちゃんがいたなら・・・・
考えただけでも、恐ろしいですね。


我が家の次女が赤ちゃんだった頃、
我が家のリビングには、フロアー畳(置き型の畳)が敷き詰められていました。

畳はいいですよ。

ホコリが舞い上がらない。
寝返り時期やハイハイ時期の赤ちゃんにとって、適度な抵抗があるので滑りにくい。
転んでも痛くない。

筋肉を育てていく時期の赤ちゃんには、もってこいの固さです。


寝返りをしはじめた時期の赤ちゃんは、
毎日、柔道の受身のような自主トレを繰り返しながら、
寝返りの方法と痛くない転び方を習得します。

この自主トレに、畳の固さは、最高なんです。


じゅうたんだって、毎日きちんと掃除をすれば
フローリングよりホコリやダニの害は少ないです。
そして、滑らないので運動しやすいです。
(もちろん、こまめにモップがけをする場合はフローリングでも清潔を保てるのでしょうけれど)

ファンヒーターやエアコンの風がある状況では
フリーリングほど、赤ちゃんに有害な環境はないなぁ・・・と思います。

フローリングの場合、そのまま寝かせるのはかわいそうだからと言って
ソファーの上に座らせてしまったり
ベビーラックやバウンサーに入れっぱなしだったり
赤ちゃんを運動から遠ざけてしまうケースも多いです。


日本人ですもの
畳を見直してみませんか???
プロフィール

PrincessCT

Author:PrincessCT
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
育児ブログランキング
育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。